ビーグレンは、どこの国の製品?

私たちが普段食べる食品や普段使っている化粧品類ですが、購入する時気になるのが『原産国』だったり『生産国』ですよね。

食品や化粧品などのように直接身体の中に入るもの、直接お肌につけるものは、余計に気になるものです。

今回は、『ビーグレン』の『生産国』について、詳しく説明していきたいと思います。

『ビーグレン』は、日本で製造しています

『ビーグレン』は、アメリカで誕生した会社です。ビーグレンの本社はカリフォルニア州のオレンジカウンティーにあります。

もともと、医療技術を研究していた、ブライアン・ケラー博士が現在の『テクノロジーQuSomeⓇ』(浸透力を高める技術)を開発。その後この『テクノロジーQuSomeⓇ』をスキンケアに応用した製品を開発するために、日本人と共同で設立した会社が現在の『ビーグレン』です。

 

現在日本での所在地は次の通りです。

ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社 東京都港区新橋

the Salon by b.glen(サロン)  東京都港区東新橋

ビーグレンファーマ(運営店舗) 静岡県富士市

ビーグレン中央研究所  東京都港区浜松町

 

アメリカで誕生したビーグレンですが、日本で販売されている製品は

  • 日本国内で製造されている
  • ビーグレンの製品と技術は日本医学会に認定されている
  • 日本人女性の肌に合わせて作られている

ということで、とても安心して使うことができます。

『ビーグレン』は、日本人向けに19種類のお肌のお悩みを解決するための商品が14種類あって、ひとりひとりのお肌に合わせた最適なスキンケアが出来ることが大きな特徴です。

そして嬉しいのが、8つの肌の悩み別に『トライアルセット』が用意されていて、気軽に、お得にお試しができます。割引クーポンや割引の特典が付いてくるのでリピート率が98%のビーグレン一度お試ししてみる価値ありです^ ^

 

あなたのお肌の悩みは何ですか?画像をクリック↓↓↓すると製品の特徴が詳しくわかります

シミ・色素沈着

シワ

たるみ・ほうれい線

ニキビ

ニキビ跡

保湿

毛穴

目元