【仰天!!】ビーグレンは医薬部外品じゃないからシミは消えない??

そもそも化粧品と医薬部外品の違いって何?

ドラッグストアに行くと医薬部外品という化粧品がたくさん売ってるけど、いったい何が違うの?医薬部外品の方が効果が高いの?とわからないことがいっぱいです。

今回は、化粧品と嫌くさんの違いについて、詳しく書きたいと思います。

化粧品と医薬品の違いとは!!

まず化粧品は、「薬機法」という法律によって『医薬部外品』と『化粧品』に区別されているんですね。

シミ用の化粧品で『美白効果』を謳っているものは、『医薬部外品』に分類され、厚生労働省で許可された製品です。『医薬部外品』は容器やパッケージに『有効成分』と効果効能を記すことができます。表現も「しみ・そばかすを防ぐ」といった購入者の意欲を掻き立てるような標榜も出来ます。

一方『化粧品』は、標榜も制限があり。全成分を表記することが定められています。また『薬用化粧品』というものありますが、これは医薬部外品の中でも本質が化粧品的なものをいいます。

【医薬部外品】・・・厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。人体に対する作用が緩和なものをいいいます。

【化粧品】・・・医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。

有効成分は、厚生労働省で安全性と有効性(効果)の観点から、配合する量が決められていますが、配合量の変更や新たに許可を取得するには10年程度の期間がかかると言われていて、とてもハードルが高いものとなっています。

 

医薬部外品として許可されるまでに10年かかるということは、もはや医薬部外品には最先端の有効成分は使われていなのかもしれません。効果の高い成分が必ずしも『医薬部外品』とは限らないんですね。

化粧品よりも、医薬部外品の方がシミが消えるって本当?

医薬部外品の方がシミが消えるというのは、正しくない!!

多くの人が『医薬部外品の方が効果が高いに決まっている』と思っていませんか?このお話は、本当にびっくりするお話です。

医薬部外品は、厚生労働省で決められた成分と配合量にすると、広告などで『美白化粧品』と謳うことができます。だから多くの化粧品会社は、広告で『美白』を謳いために医薬部外品として認可を取っています。薬機法では、医薬部外品でなければ『美白』とは謳ってはいけないことになっているからなんです。

配合できる成分や配合量が決まっているということは、なかなかオリジナリティや効果を突き詰めるには難しいものということができます。

ビーグレンが配合しているハイドロキノンは、皮ふ科やクリニックで処方される薬剤で現在、化粧品への配合も認められていますが、実際に高い効果があっても、厚生労働省で有効成分としての認可を受けていないため、医薬部外品には配合できないのです。

ビーグレンは、効果追及ゆえ、制限がある『医薬部外品』にこだわることなく、独自に新成分や新技術を使える『化粧品』として販売しています。

『化粧品』である『ビーグレン』の方がシミを薄くする力が超パワフル!!

◆【薄くする力 ①】・・・今あるシミを薄くする力がある!

◆【抑える力 ②】・・・メラニンのもとを抑える力は一般的な美白成分の約100倍!!

◆【浸透力 ③】・・・最先端テクノロジーQuSome(キューソーム)の浸透力がすごい ! !

◆【薄くする力 ①】・・・今あるシミを薄くする力がある!

メラニンの還元作用=メラニンを薄くする力ということです。その力は他の化粧品よりもハイドロキノンの方がとてもパワフルなんです!←はい!! ここ大事です!! テストに出ま~す笑

メラニン還元力が強いということは ⇒ メラニンを薄くする力があるということです。これがハイドロキノンの最大の特徴です。

ハイドロキノンはそうして酸化してしまったメラニン色素を、逆の反応”還元”する力がすごいんです。

 だからシミを薄くすることができる!!ということなのです。

◆【抑える力 ②】・・・メラニンのもとを抑える力は一般的な美白成分の約100倍!!

さらに!!

チロジナーゼを阻害し、シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする力、(上の図②の作用)そのパワーはアルブチンのなんと100倍ともいわれています。(下図)

これはもう、驚きです(@_@;)

さらに !!  さらに !!

◆【浸透力 ③】・・・最先端テクノロジーQuSome(キューソーム)の浸透力がすごい ! !

どんなに良い成分だと言っても、肌の原因にその成分が届いていなければ、肌の改善の効果を期待することはできませんよね。『ビーグレン』は、その今まで届かなかった肌の深部にまで浸透させることに成功したのです。それが『浸透テクノロジーQuSomeⓇ』です。

『浸透テクノロジーQuSomeⓇ』とは超微小カプセルにスキンケア成分を包み込み、角層の奥まで届ける技術です。これは、医療界でも使用されていて、国際特許を取得しています。

■浸透テクノロジーQuSomeⓇの秘密

QuSomeⓇ粒子の大きさはナノサイズで、直径70~150ナノメートル!!

有効成分を包み込む小さなカプセルは丈夫なので、成分の刺激を軽減して、敏感肌に対しても優しく働きます。

①髪の毛の太さの500分の1サイズのカプセルに必要な成分を包み込みます。②QuSomeカプセルが肌の中に浸透します。③肌のトラブルもとに届き、悩みにアプローチします。

 

「いろんな商品を使ってみたけど、イマイチ効果がないんだけど」と言う人は、肌の奥まで成分が浸透していなかったからかもしれません。

≫≫詳しく知りたい人はこちらの【ビーグレン公式サイト】から見れます

  • 周りのママ友は綺麗なのに、私だけ老けて見える・・・
  • このシミ、もう手遅れかと思っていた・・・
  • 年々シミが濃くなって、すっぴんを誰にも見せられない・・・
  • いろいろ試したけど、どれも効果がなかった・・・

という人が、『ビーグレン』を使ったら

  • 毎日鏡を見るのが楽しくなった
  • シミが消えるたびに楽しくてしょうがない
  • 化粧をするのが楽しくなった

という人がたくさんいて口コミで話題になっています。

これからもシミで悩み続けますか?『ビーグレン』を使えばきっとシミの悩みから解放されることになるでしょう。

≫≫詳しく知りたい人はこちらの【ビーグレン公式サイト】から見れます

 

まずは、お得にお試し出来るトライアルセットがおすすめ

■ホワイトケア トライアルセット 約7日分            

■ビーグレン ホワイトケアの口コミ❀

私は、35歳を過ぎたころからシミが両頬の上あたりにぽつぽつと出て始め、40歳を過ぎてからはだんだんと大きくなってきたのが悩みでした。

気にはなっていたのですが、毎日時間に追われ自分をケアする時間もなく、同窓会の案内が来た時には、正直このままじゃ恥ずかしくていけないと思い、いまさら遅いかなと思いながらも前から気になっていたビーグレンのシミクリームを使ってみました。

最初は半信半疑でしたが、2ヶ月たった頃、旦那に「なんか顔の感じが違うね、白くなった?」と言われ、まだシミは消えてはいないものの薄くなったような、そして4ヵ月過ぎた頃には確かに薄くなっていました。

というか、よく見ないとわからないぐらいになってて、もうその時は喜んで興奮しました。

完全には消えなかったけど同窓会にはバッチリおしゃれをし行ってくることができました。同級生には若いねなんて言われてとっても気分が良かったです。

もしクリームを使っていなかったら、きっと同窓会には行ってなかったし、毎日鏡を見てため息をついていたと思います。

これからはもっとおしゃれをして出かけたいと思っています。 夜塗るのだけなのでなので続けやすいです。

試してみて、本当によかったです。

同窓会って、みんなどう変わっているかドキドキしますよね。もし自分だけ老けてたらショックだから、やっぱりシミは何とかしたいって思っちゃいますね~

トライアルセットの値段や勧誘は?

 

4524円57%OFF   税込 1,944円

勧誘の電話も一切ないので安心

リピート率が驚異の98.5%

365日返品保証

お得な割引特典・クーポンが付いてくる

今だけプレゼントキャンペーン

≫≫詳しく知りたい人はこちらの【ビーグレン公式サイト】から見れます

今なら↓プレゼントキャンペーン中♡  このキャンペーンを逃すのはもったいないですね♪