『KISO』のハイドロクリームの種類と濃度を徹底解説!!

『KISO』のハイドロクリームは、種類が豊富でハイドロキノンの種類も濃度もいろいろです。

なので、購入者が商品を選ぶ場合、普通肌か敏感肌か、即効性を求めるのかどうか等、目的によって選ぶ商品が違ってきます。”刺激が強い”と言われているし、実際どうやって商品を選んだらいいのだろうと悩んでしまいますね。

そこで今回は、ハイドロキノンの種類と濃度とリスクについて解説したいと思います。

『KISO』には安定型ハイドロキノンと純ハイドロキノンがある

『肌の漂白剤』とも言われているハイドロキノンですが、濃度が高ければ高いほど副作用などのリスクも大きくなります。ハイドロキノンを使う際には、まずはハイドロキノンの濃度の違いによる効果や副作用と正しい使用方法を十分に理解することが重要です。

けっして、濃度が高いほど効果が高いとは限りません。濃度と副作用のバランスが大事となってきます。それにはハイドロキノンの正しい知識を持つことが重要で、副作用も最小限に抑え、綺麗なお肌を手に入れることができます。

公式ページで調べた結果、『KISO』さんで扱っているハイドロクリームは、『純ハイドロキノン』『安定型ハイドロキノン』の2種類があり、それぞれにハイドロキノンの『濃度』の種類もあります。一覧にまとめてみました。

安定型ハイドロキノンと純ハイドロキノンの違いを知ろう!!

ハイドロキノンは、皮膚科などでも処方されるほど美白効果が高いのですが、 酸化して効果が落ちてしまう上に、肌への刺激が強く、処方が困難な成分でした。これらを改善して最先端の薬学研究により開発された美白成分が『安定型ハイドロキノン』です。

現在市販されているハイドロキノンには『純ハイドロキノン』と『安定化ハイドロキノン』があります。

純ハイドロキノン    →  純度100ハイ%のハイドロキノン
安定化ハイドロキノン →  純度100%ハイドロキノン+他成分
 
 

『純ハイドロキノン』とは・・・ハイドロキノンの成分が100%で、他の成分が入っていないものです。高い効果を期待できる一方、安定性が低く刺激も強いので、市販の商品にはあまり使われません。主に皮膚科で処方されるものになります。

 

『安定化ハイドロキノン』とは・・・純ハイドロキノンと他成分を複合することにより、純ハイドロキノンの配合率を下げ安定性を高めたものです。皮膚刺激も軽減され、市販の商品に配合しやすくなっています。同じ濃度(%)で書いてあっても、効果は1/3程度に下がってしまいます。

上の図のように、たとえば、純ハイドロキノン5%配合クリームと安定型ハイドロキノン5%配合クリームは、一見同じハイドロキノン配合量に見えますが、実はハイドロキノン濃度でいうと3分の一になります。他の成分には合成界面活性剤などが含まれています。

純ハイドロキノンと安定化ハイドロキノンのメリット・デメリット、効果の違いは?

 
 
純ハイドロキノン

メリット・・・・・・・ 美白効果が高い

デメリット・・・・・  酸化しやすく不安定、肌への刺激が強め、浸透性が低め

肌のタイプ・・・・ 普通肌の人におすすめ 即効性が期待される

❀安定型ハイドロキノンと比べるわずかな配合量でもしっかりと実感できる

 

 

安定化ハイドロキノン

メリット・・・・・・・ 他の成分との複合することで安定化刺激性を改善、浸透性を改善

デメリット・・・・・ 美白効果は低い

肌のタイプ・・・・ 敏感肌の人におすすめ 長時間かけてじっくり持続 

❀酸化などの変質がおこりにくく、刺激性も軽減し、浸透力があって肌にやさしい

 

ハイドロキノンの還元効果や美白効果で比べてみると下記のように、純ハイドロキノンの方が効果が高いです。

純ハイドロキノン > 安定型ハイドロキノン 

商品を選ぶ時は、このハイドロキノンの種類と働きを知っておくと、同じ濃度を見た時でも美白効果がどのくらいあるのかだったり、美白効果は低いが肌に刺激の弱いものを選ぶといった場合、とてもわかりやすくなります。

このようにハイドロキノンは、美白効果が高い成分ですが刺激も強かったのですが、どんどん扱いやすいように開発が進んでいるんですね。

 

ハイドロキノンにはいくつかの種類があるということがわかりましたが『純ハイドロキノン』と『安定化ハイドロキノン』はどちらがいいとは言えません。美白効果を求めるなら純ハイドロノキンがいいですし、敏感肌の人であれば安定型ハイドロキノンが適しているといえます。また純ハイドロキノンは低い濃度を選んだり、効果が出やすいので短期間での使用することも出来ます。どちらも一長一短で自分の目的に合わせて選ぶのがベストだと思います。

ハイドロキノンは『濃度』が高いほどリスクも高くなって危険!! 

「肌の漂白剤」と言われるほど、美白作用の高いハイドロキノン。

これまでたくさん調べてきましたが、ハイドロキノンの効果の持続性や、使用期間って、どの程度なのか正直分かりづらいです。

それは、濃度によって異なるようなので、使い方を間違えないようにしなくてはなりませんね。

結論ですが、危険性が高いと言われているハイドロキノンを使用するときに最も注意が必要なのが『濃度』『使用する期間』、この2つです。

現在日本の法的規制では濃度の制限がないようなのですが、いったいどんなことに注意すればよいのでしょうか。

  • 日本・・・・・・・制限なし
  • アメリカ・・・・・濃度2%まで
  • ヨーロッパ・・・2001年より化粧品への配合を禁止

 


一般的に販売されているハイドロキノンクリームは1%から5%くらいまでの濃度がありますが、濃度が高いからといって効果が期待できるというわけではないということです。濃度化高いほど副作用のリスクは高まります。化粧品に含まれる場合はその配合バランスや安定性のほうがとても重要です。

 

■ ハイドロキノン1%~3%

  • 使用期間の目安は半年 
  • 顔全体に使えるが、その製品の使用方法に従う
  • 低刺激
  • 効果は低い

刺激が少なく、一般的に安全性の高い配合濃度といわれていますが、その分効果や即効性が低くなると言われています。
しかし、肌が弱い人は、この濃度でも肌に刺激を感じる場合がありますので、濃度が低くても注意が必要です。

古いシミほど美白効果がでるまで時間がかかると言われていますので、効果を実感するまでの期間は個人差があるようです。製品にもよりますが、半年ほど使用したら一旦お休みするのがベストだと思います。

■ ハイドロキノン4%~5%

  • 3ヵ月以上の使用をしない (1ヶ月から3か月が目安)
  • 部分的に使う
  • 刺激を感じる場合がある
  • 効果は高め

1%~3%に比べて濃度が高いため、肌へピリピリとした刺激を感じる場合があります。医師の指示に従って使用しましょう。また、刺激から肌を守るためにも、3ヵ月使用したら1~2ヶ月お休みしましょう。

そして

この2つに加えて注意したいのが、使用量』です。濃度が低いからといって、同じところに重ねづけしたり適量以上のクリームを塗ったりすると副作用の発症する危険性が高まります。

濃度にかかわらず、肌に合うか必ずパッチテストを行なってから使用することをオススメいたします。

※肌に合わず赤みやかぶれがでた場合は使用を中止し、赤みが長引く場合は、お近くの専門医療機関(皮膚科)を受診ください。

ハイドロキノンの種類と濃度とリスクで選ぶ、私の一押し商品とは

  ◆ 記事の内容 ◆

  • ビーグレンがおすすめ!! QuSomeホワイトクリーム1.9がすごい4つの理由
  •      ハイドロキノン1.9%で 4%の効果
  •            他の化粧品にはない、段違いの『浸透力』
  •      長期安定性のあるハイドロキノン
  •      24時間365日体制のカスタマーセンターで安心
  • 口コミ評価5以上が驚異の8割 ビーグレンの美白効果がすごい

 

美白効果の高いハイドロキノンでシミを消したいと思う反面、強い成分であれば副作用はやっぱり怖いですよね。

『純ハイドロキノン』では効果が出た人でも、濃度が高くなるほど使い始めは炎症が起きているようです。純ハイドロキノンでは、いきなり濃度の高いものを使うのは危険なので、皮膚科で処方してもらうか、低濃度から始めた方がリスクは少なくて済みます。

『安定型ハイドロキノン』は、低濃度では炎症が起きたというのは少ないようですが、濃度が高いと炎症を起こしている人も中にはいます。やはり美白効果の面では、効果を実感できるまで少し時間がかかるかも知れません。

ハイドロキノンは、濃度が高いほど効果が高いわけではなく、副作用とのバランスが重要です。

そこで、私がすすめしたいのが『ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9』です。

ビーグレンがおすすめ!! QuSomeホワイトクリーム1.9がすごい4つの理由

これまで、副作用の強いハイドロキノンについて調べてきましたが、私的には、肌に負担をかけるよりも、低濃度で効果を最大限に引き出す技術を使った『ビーグレン』QuSomeホワイトクリームの方をお勧めしたいです。

 

 ◆おすすめの4つの理由◆

  1. ハイドロキノン1.9%で 4%の効果
  2. 他の化粧品にはない、段違いの『浸透力』
  3. 長期安定性があるハイドロキノン 
  4. 24時間365日体制のカスタマーセンターで安心

1.ハイドロキノン1.9%で 4%の効果

効果がパワフルなで、配合濃度が高いほど注意が必要と言われています。実際に10%という高濃度のハイドロキノンを濃度が高い場合、肌への負担は大きくなり、肌トラブルのリスクも高まります。

もし、低濃度でも高い効果が得られるのであれば、リスクも少ないし安心して毎日使えると思いませんか。

それが『ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9』です。

『ビーグレン』のハイドロキノンは、『QuSome化ハイドロキノン』いといいます。

ビーグレンのハイドロキノンの配合量は、低濃度の1.9%なのに、皮膚科医が処方する4%配合レベル同等の効果があることがモニターを使ったテストで実証されています。

2.他の化粧品にはない、段違いの『浸透力』

『ビーグレン』と他の化粧品との大きな違いは、『浸透力』です。

どんなにいい成分も届かなければ効果が期待できないですよね。その『浸透深度』に着目したのが『ビーグレン』です。

その肌の深層部まで届けることを可能にしたのが、ビーグレン独自の先端テクノロジー『QuSome®』です。『QuSome®』は、国際特許を取得している技術で、医学界でも使用されています。

スキンケア製品にもこの浸透テクノロジー『QuSome®』を使用することで、それまで肌の上に乗るだけであった有効成分を最も効果的に肌の深層部まで届けることができるようになったのです。

『QuSome』の4つのメリットがこちら♡

  1. 肌になじみやすいので、早く効く
  2. 安定的に、効果を発揮する
  3. 浸透しにくい角質の奥まで確実に届く
  4. しっかり留まるので、効果が持続する

もし今まで、との化粧品を使っても効果があまり得られていないというのであれば、この『浸透力』の違いかも知れませんね。肌の表面だけに塗っていたとしたら、やはり効果がないのは納得できます!!

3.長期安定性のあるハイドロキノン

◆顔全体に使用できる 

◆常温で長期保存が可能

◆QuSomeだから!! 顔全体に使用できる

独自の浸透テクノロジー技術を使うことによって、成分をカプセル化し刺激を抑えて、顔全体に塗るとこができます。

ハイドロキノンは強い成分なので、部分的に同じところへの重ね塗りをすると白班が起きる可能性も高まります。

また、見えているシミだけでなく、下に隠れているメラノサイトへも成分を届け、メラニンの生成を抑制してこれから出てくるシミの予防も可能です。

ビーグレンQusome1.9ホワイトクリームはハイドロキノンそのものを配合しているので、夜だけの使用でも十分効果を実感できます。ハイドロキノンを使用しているときは肌が敏感になっているので、日中の使用は逆にシミを増やしてしまいます。

◆QuSomeだから!!  常温で長期保存が可能

ビーグレンは、酸化対策がバッチリだからこそ、常温で長期保存が可能です。

ハイドロキノンは酸化しやすい成分ですが、これも成分をQuSome化することによって安定化させています。だから常温で長期保存が可能です。浸透テクノロジーQuSome®について 

ビーグレンの製品は日本の夏や冬の環境、配送状況などを想定した温度による耐久テストをおこなっているので安心です。

旅行や長期出張にも持っていけるのがいいですね。 

4. 24時間365日体制のカスタマーセンターで安心

美白効果があるなら使ってみたいけど、肌に刺激が強そうなハイドロキノンはちょっと心配、と思う人も多いはずですね。そんな時、24時間カスタマーサービスがついていたらとても安心して使用することができますよね。しかも、365日サポートでさらに安心して使用できます。プロの方にスキンケアの相談も出来るので、効果をあげるコツも聞くことができます。

口コミ評価5以上が驚異の8割 ビーグレンの美白効果がすごい

(アットコスメでの調査結果)

こちらは、私が最も気になるシミに対する効果の口コミだけを抽出した結果です。

全体の口コミ数302件のうち、173件を調査しました。

その結果がなんと 評価5以上が8割なんです。

自分でも調べていて驚きました(@_@;)

評価4を含めると な・ん・と評価4以上が全体の94% なんです。

実際の口コミはこちら❀

52歳/女性

わたしはドライバーの仕事をしているので、紫外線対策は日焼け止めくリームを塗ったり、出来るだけ肌を見せないようにしたり、美白化粧水を使ったりと割としっかりとやっていると思ってたですが、やはり年々シミが増えてきていてこのまま増えていったら・・・と考えるとぞっとしてます。

それに私は40代前半で子どもを産んだので、周りのママ友はみんな若いんです。

それなのに私はシミのせいでもっと老けて見えて、子どもの学校行事にはあまり行きたくなかったんです。

一度おばあちゃんに間違われてすごいショックでした。

そんな悩みを先輩に話したら、ビーグレンをすすめられて使ってみました。

最初は3か月たっても効果は実感できなかったのですが、先輩からのお勧めということもあり続けていたら半年たったころ

先輩にすごーい!顔色が明るくなってきてるんじゃない?と言われ、よーく見ると薄いシミのところがもっと薄くなっていました。

薄くなったところはコンシーラを使わなくてもファンデーションだけで隠れるようになって気分もウキウキ。

もう子どもの学校に行くときも気にならなくなりました。

何回も途中でもうやめようかと思いましたが、効果を実感できたのも先輩のおかげです。

ちょっとお値段が高いのですが、効果を実感できたのはこれが本当に初めてなので、これからも続けたいと思っています。

もし、先輩に相談していなかったら、子どもの学校でも老けて見られて学校行事に行くのも憂鬱だったと思います。

効果を実感している口コミはまだまだありますが・・・、このように

  • 周りのママ友は綺麗なのに、私だけ老けて見える・・・
  • このシミ、もう手遅れかと思っていた・・・
  • 年々シミが濃くなって、すっぴんを誰にも見せられない・・・
  • いろいろ試したけど、どれも効果がなかった・・・

こんなふうに思うのであれば、ビーグレンを試してみると良いかも知れません。

これを使って、毎日鏡を見るのが楽しくなったという方はたくさんいます。

私も、もしビーグレンを使っていなかったら、今でも鏡を見るたびに年齢を感じて落胆していたに違いありません

毎日、夜1回ケアするだけで若々しい肌を取り戻せます。

薬学博士が開発した浸透テクノロジーで、しっかりと浸透させて、「シミが目立たなくなってきた」という人もたくさんいるんです。

若々しくいたいと思うことは、とても素敵なことだと思います。

何もしなければ下降気味ですが、今から始めたら、1年後に大きく差がつきますね(*^_^*)

これから私もできれば綺麗に歳を重ねて行きたいと思っています。

シミ消し商品の迷子になっている方は是非参考にしていただければと思います。 

今なら6412円が71%OFFの税込1944円 で買えますよ♪

今だけ↓プレゼントキャンペーン中♡  このキャンペーンを逃すのはもったいないですね♪

「KISO」ハイドロクリームの口コミがヤバイ!! 本当の口コミを暴露!!

10歳老けて見られていた私が、5歳若く見られて顔も気持ちもめっちゃ明るくなった!!